よくあるご質問

税理士にお願いしたことがないのですが、どのようなことをしてくれるのですか?
税理士は、税理士法に定められた独占業務として、納税者の税務相談に応じ、納税者の代わりに税務書類を作成・提出します。また、税務申告の前提となる財務書類の作成、帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を通じ、節税対策や資金繰りなどさまざまなご相談に応じます。
顧問税理士をお願いすると、毎月の顧問料はどれぐらいかかりますか?
訪問頻度や事務処理料、難易度や年商等から総合的に判断して事前に決めさせて頂いております。ただし、スポット業務など別途費用が係る場合には事前にお知らせ致します。
顧問契約すると、税務調査には立ち会ってもらえるのですか?
可能です。税務調査の際には、万全の体制にてサポート致します。税務調査は税務署職員が納税者からの事業概況や帳簿などの調査を行います。その際、税法のスペシャリストの存在は大きく、代わりに代弁、説明などをするなどを行うわけですが、やはり対応により結果に大きく差が出ることもございます。当事務所に安心してお任せください。
決算、申告だけをお願いする事は可能ですか?
はい、可能です。必要なサービスを必要な時にご利用いただけます。ただし、決算時だけでなく、その過程をどのように事業運営していくかが重要ですので、継続的なサポートをご検討されてはいかがでしょうか。また、申告期限直前のお申し込みはお受けできない場合がありますので、早めにご依頼下さい。
税理士の変更を検討していますが、タイミングはいつがいいでしょうか?
ベストなタイミングを挙げるとすれば、決算月を1区切りとするのがスムーズです。ただし、必ずしも、決算月ということではありませんので、事業年度の途中でも柔軟に変更は可能です。まずはお気軽にご相談ください。